図書館へ行かずに本を沢山読もう!Kindle Unlimited を利用する

Gutenberg入力がさらに加速する爆速ブロック追加法!

Gutenberg-shortcut-inputGutenberg

Gutenbergでコンテンツを作る時に、少しでもキーボードを離したくないそよパパです。

非常に便利なのに、ショートカットできないブロックの入力に毎回+をクリックするのに疲れてきました。が、キーボード操作ミスで偶然見つけた入力方法が、これまた最高に良いものだったのでみなさんにシェア、というおはなし。

2019/10/3追記)使用頻度により順番が変わったり、ブロックが表示されないことがある旨を追記しました。

/(スラッシュ)入力で最近利用したものが表示される

ブロックの先頭に/を入れると、最近利用したブロックのリストがでてきます。しかし、ここに出てくるのは10個だけ。普段からあまり使わないものは表示されません。

いっそ画面の左横にリストがあればいいのにと思ってました。

でも、そんなことは全く必要ないことが分かりました!

/(スラッシュ)+アルファベット=ボックス追加マジック!【15秒動画】

いつものように/を入れてボックスを入れようとした時に、偶然キーボードに手があたったら、なにやらリストが飛び出してきました。

これはもしや・・・と思い色々と試してみると・・ビンゴ!

なんとショートカットでボックスが出てくるではないですか!🎉

これは大歓喜です!これでさらに数%スピードがアップします。

まちがいありません!

では、さっそくこのマジックの一覧をご覧ください。

【15秒動画】Gutenbergで色々なブロックを簡単に呼び出せる方法
Gutenberg入力がさらに加速する爆速ブロック追加法!【15秒動画】 Click To Tweet

/(スラッシュ)+アルファベットのマジック一覧

  • ブロックマネージャー設定で非表示にしているアイコンは、表示されません。
  • 本サイトは、Cocoonを採用しています。そのため、Cocoonのアイコンも表示されます。
  • 使用頻度により位置が変わったり、また非表示になることがあります(2019/10/3追記)

/a – Animote, Amazon Kindle,RSS

/aで現れるリスト

/b – アイコンボックス、付箋風ボックス、ブログカード、他

/bで現れるリスト

/c – 画像、見出し、他

/cで現れるリスト

/d – dailymotion

/dで現れるリスト

/e – embed – WordPress, Youtube, 埋め込み、他

/eで現れるリスト

/f – format – カスタムHTML、テーブル、クラシックエディタ、他

/fで現れるリスト

/h – カスタムHTML

/hで現れるリスト

/i – 画像、アイコンボックス、他

/iで現れるリスト

/k – Kindle

/kで現れるリスト

/l – メディアと文章、続きを読む、区切り、他

/lで現れるリスト

/m – マイクロテキスト、マイクロバルーン

/mで現れるリスト

/p – ファイル

/pで現れるリスト

/r – reusable 再利用ブロック

/rで現れるリスト

/s – 付箋風ボックス、検索案内、他

/sで現れるリスト

/t – TED, Twiter、他

/tで現れるリスト

/u – 見出しボックス、他

/uで現れるリスト

/v – vimeo

/vで現れるリスト

/w – WordPress, ブログカード、最新の記事、他

/wで現れるリスト

/y – youtube

/yで現れるリスト
 

まとめ

いかがでしたか?

Gutenbergの長所でありまた短所でもあるブロック編集方式。

でも、使い方を覚えてしまえば、製作者はコンテンツ制作に注力できるようになります。

全部覚える必要はないと思います。

よく使うものだけでも一つずつ覚えていくときっと役立ちます。

私は個人的にHTMLブロックと再利用ブロックがすぐに出てくることが嬉しいです、

最後まで読んでいただきありがとうございました。

そよパパ
そよパパ

WordPress好きなんだなーっとしみじみ感じてます。


Twitterで日々の生活のことTweetしています。気に入ってもらえたらフォローよろしくお願い致します♪

コンテンツがお役に立てれば幸いです。

2019/9/9より連続した更新は12月で止まりました💧

毎日更新し続けられる人、本当に尊敬しか無い。

2019/9/28 (連続更新20日目) 雨が毎日毎日降ってます。よく降るな、と。地域の運動会は延期だろうか、と心配している朝です😓

コメント

タイトルとURLをコピーしました