WordPressバックアップの味方 BackWPupで自動バックアップ

WordPressのバックアップをしようWordPress

ファイルのバックアップ作成

では、ファイルのバックアップから作成します。

バックアップ先は、サーバーのフォルダー内、とします。

一般タブで何を?どこへ?を決めます

  • 名前:ジョブ名を決めます(例:File Back Up)
  • このジョブは:まずはファイルのバックアップをとるため、ファイルのバックアップ以外のチェックを外します
  • バックアップファイルの保存先:フォルダーへバックアップ

その他の場所は変更しなくてOKです。隣のタブへ移動します。

スケジュールタブで、いつ?を決めます。

いつするのかを設定し、あとは自動で行います。

  • ジョブの開始方法:WordPress の cronを選択します(*Xserverでは問題なし)。

Xserverを利用している場合は、「EasyCron.comで – まず API キーを設定してください。」を無視してすすんで大丈夫です。

  • スケジューラーの種類:基本(既定値)
  • スケジューラー:毎週を選択
BackWPupのスケジュール設定画面
最初は基本のままでOK.

Cronとはサーバー側で自動実行させるプログラムのこと。主にサーバー管理画面で設定することができます。Xserverでは、WordPressがCron使うことを想定しているので、特に設定を変更しなくても大丈夫です。

ファイルタブは無視して

ファイルタブは必要なことが設定してありますので、無視して大丈夫です。ページ最下部の変更を保存をクリックします。

データベースとプラグインのバックアップ

ファイルのバックアップジョブができたら、次はデータベースとプラグインのバックアップをします。

新規ジョブの追加をクリック

2つ目のジョブは、新規ジョブを追加から設定します。

一般タブ

  • 名前は:DBとプラグインのバックアップ(例:Database Backup)
  • このジョブは・・:データベースのバックアップ、インストール済みプラグイン一覧、の2つにチェックを入れます。
データベースのバックアップの一般設定タブ。
チェック項目は2つです。

次に、スケジュールタブへ移ります

スケジュールタブ

  • ジョブ開始方法:WordPressのCronを選択
  • スケジューラの種類:基本(既定値)
  • スケジューラ:毎日午前3時(既定値。将来的に混み合う時間帯になるなら、他の日時に変更する必要があります)
BackWPup2つ目のジョブのスケジュール設定画面。

次にDBバックアップタブへ移ります

DBバックアップタブ

予め全てのDBにチェックが入っているので、ページ最下部の変更を保存をクリックします。

ここまでで、設定が終了です。

最後に、作成したジョブを実行します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました